活動方針
Concept

きっかけは 故人のお墓は無いよ という話を聞いたこと

時代は変わり、葬送方法(特に仏式)は、個人の多様性が尊重される時代となり、以前からある慣習としての決まった形式の儀式は少なくなり、簡易的な儀式へと変わってきています。お墓の在り方も同じように時代の流れが押し寄せています。

お墓参りをしてみたくなった という気持ち

直葬が増えている経済環境の中、お墓を持たない方・お墓を持てない方も増えています。海洋散骨が脚光を浴びていますが、故人が希望していたのなら別として、低価格を理由に選んでしまい今になって後悔しているとか、お墓参りが出来ないといった話を散見します。

遺骨は何処へ納めたらいいの という素朴な疑問

家墓と呼ばれる高価な個別のお墓ではなく、価格が安い共同墓地や永代供養墓、または樹木葬などが急速に普及しています。お墓選びにこれといった基準がない中、写真や寺院の立地・雰囲気そして価格で選んでしまっているのが現状ではないでしょうか。

忘れてはならないのが、供養です。菩提寺のある方はそこの住職に永代供養を行ってもらえますが、そうでない場合、ただご遺骨をお墓に納めて終わりでは納骨した意味がありません。永代供養を前面に謳うところもありますが、そもそも供養とは?いつ供養してもらったのかわからない などこれも何を基準にどのように捉えたらよいのかわからないというのが現状です。

NPO法人納骨支援の会は経済的な面でお墓への納骨支援活動を行います

お墓にしようか、納骨堂にしようか、散骨にしようかと迷っていらっしゃる方へ、または様々な事情でお墓を持てない方への一助となるべく相互扶助の観点から、納骨の支援活動を行っています。皆様のニーズの合わせて柔軟に対応できる納骨場所を用意しており、おひとりお一人のご要望に合わせて最適なプランをお選び頂けます。初めての方でも安心して相談できる信頼があります。どのような些細な事でも構いませんので遠慮なくNPO法人納骨支援の会へご相談くださいませ。

東京に限らず、全国でお墓に関してお困りの事がありましたら、特定非営利活動法人 納骨支援の会までお問い合わせください。

皆様のニーズに合わせてお選び頂けるプランをご用意しております。全国から受付しておりますので、ご希望などがありましたらなんでもご遠慮なくお申し付けください。